筆跡仕事人

筆跡診断~文字は心を表し、心を変える~
筆跡で”心の闇に明かりを灯す”筆跡仕事人

筆跡仕事人」は2014年7月、国内初の筆跡診断サロンとしてスタート。
以来、SMAP、AKB48、さまぁ~ず等の冠番組に出演、
世界初の自動筆跡診断アプリのリリース、
『女性自身』(光文社)でカラー8ページの特集掲載、
『なりたい自分になる!筆跡の魔法』出版(飛鳥新社)など
テレビ・ラジオ・雑誌・新聞・雑誌・出版・アプリ配信と
活躍の場がとどまるところを知らない「筆跡仕事人」とは…。

筆跡診断は自分を知り他人を理解する最高のツールです。
「目は口ほどにモノを言う」といいますが、無意識で書かれる筆跡は書いた人の
深層心理や潜在意識を明らかにし、時にゴマカシがきく目以上にモノをいいます。
また、筆跡を変えて書きグセを直すことで、「なりたい自分になる」こともできます。
筆跡診断を試してみたい方はもちろんご自身の性格、職場での人間関係や職業の適性、
お子さんの素行でお悩みの方などのご相談に、筆跡(手書き文字)から適切にアドバイスいたします。
筆跡のことなら【筆跡仕事人】におまかせください。

%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e7%94%a8%e7%ad%86%e8%b7%a1%e4%bb%95%e4%ba%8b%e4%ba%ba%e8%8a%b3%e7%94%b0%e3%83%9e%e3%82%b5%e3%83%92%e3%83%ad%e5%86%99%e7%9c%9f

【筆跡診断とは】

「筆跡診断…!? 筆跡鑑定なら聞いたことがあるけど…」
という方が大半だと思います。

筆跡「診断」と筆跡「鑑定」はよく混同されがちです。
筆跡鑑定は、たとえば刑事ドラマで事件のカギを握るメモや手紙に書かれた文字が、
容疑者の筆跡と一致するかどうかを検証する方法として使われたりします。
つまり、複数ある筆跡が同一人によるか別人によるかを判断するのが筆跡鑑定です。

それに対して筆跡診断は、書かれた文字から
書いた人の性格や行動傾向(人物像)を読み取ることをいいます。

健康診断も、現在の状態を「診る」から健康診断であって、健康鑑定とは言いません(笑)

筆跡は無意識の手の動きによって書き残される痕跡であり、
無意識であるがゆえに書き手の本質を鏡のように映します。

筆跡は嘘をつきません。
他人には見せない素の自分や、
自分は気付いていなくても他人が気付いている部分も表れたりもします。

筆跡診断では自分らしさを再発見するとともに、
筆跡を変えることで「こうなりたい」と思う自分になることもできるのです。

古今の作家たちの診断実例

【筆跡診断はアルファベットにも対応可能】

筆跡診断は、ヨーロッパではグラフォログ、アメリカではハンドライティングといい、
実はアルファベット圏が主流なんです。
なかでもフランスでは国家資格に準ずる資格として広く社会的にも認められ、
主に企業の人事部門(新規採用・人事異動)などで積極的に用いられています。

わが国においては森岡恒舟先生が筆跡心理学を確立し、日本筆跡診断士協会を設立。
私 筆跡仕事人は 当協会の正診断士です。
私は日本中の人に「筆跡診断」の素晴らしさを知ってもらいたいという願いを込めて、
「筆跡仕事人」の旗印のもと筆跡診断の普及活動に日々つとめています。

筆跡で自分の本当の適性を知りたい方、筆跡で自分を本気で変えたい方、
筆跡の特性を企業の人材育成に活用したい方、筆跡でクライアントのタイプを知りたい方、
ぜひお気軽にご相談ください。