筆跡

  1. 筆跡診断 成宮寛貴の入れ込み癖

    フライデーで暴露された俳優 成宮寛貴のコカイン吸引疑惑。そして電撃的な引退。さらに東南アジアへ雲がくれ…。あまりに拙速すぎる展開に、さらに疑惑が拡散しつづけています。今回は、成宮寛貴がマスコミに宛てたファックスから人物像を読み解きます。

    続きを読む
  2. 手書き年賀状で開運!金運編

    パソコンで機械的に打たれた味気ない年賀状と、 手書きで1字1句丁寧にしたためられた年賀状あなたがもらってうれしく感じるのは、どちらですか!?……と聞くまでもなく、手書きの年賀状のほうでしょう。ではなぜ、手書きの年賀状のほうがうれしく感じるのか。

    続きを読む
  3. 筆跡診断 歌姫ひばりのド根性

    昭和の歌姫 美空ひばりが亡くなったのは、平成元年。すでに四半世紀が過ぎましたが、ひばりと同世代の私の母は、いまでもカラオケに行けば「愛燦燦」「川の流れのように」など、ひばりの歌ばかり。母いわく、ひばり以上に歌のうまい人を私は知らないと言い切ります。

    続きを読む
  4. 筆跡診断 夏目雅子の女性と女優

    ある放送評論家をして「もはや神話の領域に入る女優」と言わしめたのは、27歳という若さで夭折した「昭和の微笑」夏目雅子。

    続きを読む
  5. 筆跡診断 福沢諭吉のつぶれ字

    一昨日の樋口一葉(五千円札)、昨日の野口英世(千円札)に続く「お札シリーズ」の最終回。手にして一番嬉しい(笑)一万円札の福沢諭吉が今回の主役です。明治維新の激動期を生きた偉人は筆跡から何を語るのでしょうか。

    続きを読む
  6. 筆跡診断 野口英世の放蕩グセ

    前回、五千円札でおなじみの樋口一葉を取り上げましたが、今回は庶民にはさらになじみ深い(笑)千円札のこの人。黄熱病や梅毒等の研究で知られ、ノーベル生理学・医学賞候補に3度も名前が挙がった、野口英世を取り上げます。

    続きを読む
  7. 筆跡診断 樋口一葉の女の情念

    五千円札でおなじみの、明治の女流作家・樋口一葉。与謝野晶子や平塚らいてうなど、のちに続く名だたる女流作家たちに大きな影響を与えた樋口一葉とはいかなる女性だったか、筆跡という側面から覗いてみたいと思います。

    続きを読む
  8. ケネディが尊敬した鷹山の書

    かつて某新聞社が、全国の自治体首長に理想のリーダーを挙げてもらったアンケートで、2位の徳川家康に大きく水を空けての1位に輝いたのが、今回当欄で取り上げる上杉鷹山です。

    続きを読む
  9. 筆跡診断 源義経の天才と凡庸

    名だたる戦国武将のなかでも「悲劇のヒーロー」として強烈なインパクトを残した源義経が、今回の主役です。義経の名前が歴史上に登場したのは、実質わずか5年余。

    続きを読む
  10. 筆跡診断 宮崎駿の夢と毒と罠

    「風の谷のナウシカ」にはじまり「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」など数々の名作を手がけてきた、日本アニメ界最大の巨匠 宮崎駿。

    続きを読む
ページ上部へ戻る